やっぱり馬が好き

ヒット御礼m(_ _)m
「君の名は。」より売れた「やっぱり馬が好き」オリジナルの「LINE着せ替え」販売中

LINEストアはこちら

【根岸ステークス】過去10年の傾向から注目馬を予想する:前編

広告

さて、今週末は2月のフェブラリーステークスを占う根岸ステークス。優勝馬にはフェブラリーステークスへの優先出走権が与えられます。先日の東海ステークスに出走したメンバーとの激突、コパノリッキーやホッコータルマエなどとの対決が楽しみですね。また今週から東京が開幕となり馬場もリフレッシュした状態でのレースが楽しめます。ただ週後半はあまり天気が良くないようです。このあたりも予想に影響を与えそう…

ではJRAのHPに掲載されている根岸ステークスの過去10年の傾向を踏まえ、また独自で調べた情報を基に注目馬を絞り込んでいきましょう。
※毎度ながら前編は登録馬ベースでの予想となっております。馬番・ジョッキーの情報を加味した予想は後編にて。

 

前走は優勝かもしくは…

前走は優勝、もしくは1着から0.4秒差であることが傾向。これは過去10年の連対馬20頭中19頭は、前走(ダ1800m以下)で共通する傾向なので、かなり重要な傾向と言えそう。

 

前走(ダ1800m以下)で1着(5-9-4-33:9.8%-27.5%-35.3%)

タールタン (ファイナルS OP)
プロトコル (錦秋S 1600下)


前走(ダ1800m以下)で0.4秒差内(5-0-2-24:16.1%-16.1%-22.6%)

アドマイヤサガス(カペラS G3 4着)
アンズチャン  (ジャニュアリーS OP 6着)
エイシンヴィラー(カペラS G3 8着)
サクラエール  (ファイナルS OP 2着)
セカンドテーブル(淀短距離S OP 8着)
タガノトネール (武蔵野S G3 2着)
マルカフリート (カペラS G33着)
モーニン    (武蔵野S G3 3着)
レッドファルクス(オーロカップ OP 8着)

 

中年(8歳以上)は割引で

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳 1- 1- 1- 18/ 21 4.8% 9.5% 14.3%
5歳 3- 6- 2- 21/ 32 9.4% 28.1% 34.4%
6歳 4- 3- 2- 35/ 44 9.1% 15.9% 20.5%
7歳 2- 0- 1- 28/ 31 6.5% 6.5% 9.7%
8歳 0- 0- 3- 14/ 17 0.0% 0.0% 17.6%

過去10年の実績からみると、5歳・6歳が実績がありますね。特に5歳が好調。今回は8歳以上の登録馬は、

キョウエイアシュラ

グレープブランデー

タールタン

マルカフリート

レーザーバレット

の5頭が登録されていますが、割引対象となります。

ただ、フェブラリーステークス優勝馬の古豪グレープブランデー、また前走カペラS3着のマルカフリートあたりは3着内に飛び込んでくるかもしれませんね。 


連対馬は真ん中より3着内はどこからでも…

馬番の有利、不利の傾向は難しいところがありますので、注目馬への味付け程度に考えた方が良いかもしれません。先日のAJCCでも内寄り(2枠)のディサイファがぶっちぎってますしね。というわけで、参考までに過去10年の根岸ステークスの傾向でいうと、3着内率では馬番で大きな差はないものの、勝率・連対率でみると真ん中〜内よりが好走する傾向があり。外枠は厳しい傾向で、13〜16番から優勝馬は出ていない、また連対馬も2頭のみとなっている。

 

馬番成績勝率連対率3着内率
1~4番 2-2-3-33 5.0% 10.0% 17.5%
5~8番 5-2-0-33 12.5% 17.5% 17.5%
9~12番 3-4-2-31 7.5% 17.5% 22.5%
13~16番 0-2-5-33 0% 5.0% 17.5%

 


単勝4番人気以下からの伏兵に注意

前走が優勝、もしくは1着から0.4秒差であることが連対馬の傾向となるとずいぶん人気が高い馬が走ってきそうな印象だけど、単勝人気という面からみると、4番人気以下の馬が好走しているよう。過去10年では4番人気の馬から優勝馬が3頭でている。馬券的には美味しいレースとなるかもしれないですね。

 

単勝人気成績勝率連対率3着内率
1番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0%
2番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
3番人気 0-2-1-7 0% 20.0% 30.0%
4番人気 3-0-2-5 30.0% 30.0% 50.0%
5番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
6~9番人気 1-2-1-36 2.5% 7.5% 10.0%
10番人気以下 2-0-4-64 2.9% 2.9% 8.6%

 


逃げ・先行組は厳しいか

過去10年の実績をみてみると、逃げで連対した馬は1頭のみ(08年のタイセイアトム)で結果を残せていない。また、先行組は優勝馬は09年フェラーリピサの1頭のみ。しかし、連対・3着内率は、そこまで低くはない。軸馬は中団〜後方からの競馬をする馬が良さそう。また3Fが早ければ早いほど結果を残せています。

 

脚質上り着別度数勝率連対率複勝率
平地・逃げ 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
平地・先行 1- 4- 3- 32/ 40 2.5% 12.5% 20.0%
平地・中団 6- 2- 3- 48/ 59 10.2% 13.6% 18.6%
平地・後方 3- 3- 4- 40/ 50 6.0% 12.0% 20.0%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0      
3F 1位 4- 3- 3- 2/ 12 33.3% 58.3% 83.3%
3F 2位 4- 1- 3- 4/ 12 33.3% 41.7% 66.7%
3F 3位 2- 0- 0- 5/ 7 28.6% 28.6% 28.6%
3F 〜5位 0- 2- 3- 18/ 23 0.0% 8.7% 21.7%
3F 6位〜 0- 4- 1- 98/103 0.0% 3.9% 4.9%

 


注目馬(仮)

今回は直前まで情報を収集した方が良さそうなレースです。過去10年の傾向からは絞り込みが難しいですね。なのでこんかいはランク割り振りは延期します。後編にてランクをつけたいと思います。今回はピックアップのみで。

 

アンズチャン

マルカフリート

モーニン

タガノトネール

グレープブランデー

サクラエール

タールタン 

 プロトコル

このあたりですね。

 

個人的にはアンズチャンに注目。今回、アンズチャンは唯一の牝馬ですが斤量54kg。最後方の定位置からの競馬となると思いますが、上がり3F勝負になれば充分にチャンスはあるかと思います。また中年の星、マルカフリート。10歳とだいぶオッサン臭がしそうですが、前走のカペラSでは1200Mながらも上がり3F最速となっております。まだまだやってくれそうです。また前走の武蔵野Sでは、ノンコノユメに差されたものの、ノンコノユメが強すぎたってことでタガノトネール。3着のモーニンには2馬身差と差をつけていますので、こちらも期待です。グレープブランデーも前走はG1チャンピオンズカップ。5着とはいえ、そうそうたるメンバーですので、G3の今回は...侮れませんね。この7頭を中心に情報を収集していきたいと思います。

 

アンズチャン「ノリさん、今回も後方からですかね」

ノリさん「アンズチャンにまかせるわ」

https://www.instagram.com/p/BBAPOv4MBI-/

アンズチャン#競馬 #keiba #horses #大好き #かわいい #カワイイ #うまび #馬女 #うま女 #馬 #horserace #photooftheday #instagood #japan #canon #love #followme #happy

 

それでは!

©2015 やっぱり馬が好き