やっぱり馬が好き

「君の名は。」より売れた「やっぱり馬が好き」オリジナルの「LINE着せ替え」販売中

着せ替えはコチラ

お待たせしました!LINEスタンプ「やっぱり芦毛が好き」発売しました

スタンプはこちら

【フェブラリーステークス】過去10年から注目馬を予想する:後編

広告

 

 

uma.hatenadiary.com

 

 

鉄人ならぬ鉄馬「ホッコータルマエ」がドバイへ照準を合わせるとかで出走回避したのは残念でしたね。そもそも招待状は、まだ来る見込みってことなのでしょうか?昨年や一昨年ならすでに届いててもおかしくない時期....。届くと良いけど...

 
さて、そんなホッコータルマエ抜きの2016年のフェブラリーステークスとなった訳ですが、とは言えかなりのメンツですので、予想もしにくいところです。馬番やジョッキーも発表されましたので、注目馬をランク付けしていきたいと思います。
 

 

前編でリストアップの注目馬

コパノリッキー
ノンコノユメ
ホワイトフーガ
ベストウォーリア
タガノトネール
モーニン
アスカノロマン
 
この7頭でしたね。
 

オッズの傾向

オッズの傾向としては2.9倍以下だと3着内率がなんと85%!逆に20〜29.9倍でも3着内率が30%あります。また3.0〜9倍でも15%-40%-60%あり、人気馬はそのまま来そうな予感。2.9倍以下の馬がいた場合は、あまり複雑に考えずに軸にした方が良さそう。ノンコノユメあたりが該当しそうでしょうか。また、伏兵をどうするか?が問題。

単勝オッズ成績勝率連対率3着内率
2.9倍以下 4-0-2-1 57.1% 57.1% 85.7%
3.0~6.9倍 3-5-4-8 15.0% 40.0% 60.0%
7.0~9.9倍 0-0-2-14 0% 0% 12.5%
10.0~19.9倍 0-4-0-20 0% 16.7% 16.7%
20.0~29.9倍 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%
30.0倍以上 1-0-1-77 1.3% 1.3% 2.5%
 

枠の傾向

ノンコノユメ陣営は、真ん中でラッキー★発言があったようですが、このコースでは、真ん中は厳しい実績。後方からの競馬をするとなると内側過ぎても...外枠過ぎても....となるのでしょう。過去の実績だけから見ると、若干心配な傾向です。一方で、コパノリッキーや、モーニンにとってはプラス材料となる馬番でした。
枠番成績勝率連対率3着内率
1枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
2枠 2-2-1-15 10.0% 20.0% 25.0%
3枠 0-1-2-17 0% 5.0% 15.0%
4枠 0-1-0-19 0% 5.0% 5.0%
5枠 0-2-3-14 0% 10.5% 26.3%
6枠 2-0-1-17 10.0% 10.0% 15.0%
7枠 2-3-0-15 10.0% 25.0% 25.0%
8枠 3-1-2-14 15.0% 20.0% 30.0%
 
 

このコースが得意なジョッキー

過去3年ベースでの騎手の実績を調べてみると、ノンコノユメのルメール騎手はレース数は少ないものの、やっぱり要注意。一方、デムーロ騎手(モーニン)は、このコースにおいてはデムーロ騎手らしい抜け出た成績を残せていないようです。 3着内率でも30%を切っています。やはりルメール騎手がだんとつで3着内率は50%を超えていまして、勝率も30%を越えます。ノンコノユメにはプラス材料。ずっとコンビも組んでいますしね。
 武豊騎手(コパノリッキー)も勝率は20%近くあり、連対率は32%、3着内率も39%ありますので、こちらも安定しているようです。
その他の安定どころというと、戸崎圭太騎手(ベストウォーリア)、横山典弘騎手(ロワジャルダン)、内田博幸騎手(ローマンレジェンド)です。
 

フェブラリーステークス2016 注目馬はコチラ!

注目馬S

ノンコノユメ(騎手◎)
 

注目馬A

ベストウォーリア
コパノリッキー(騎手◯・枠◯)
 

注目馬B

モーニン(枠◯)
ホワイトフーガ
 

注目馬穴

アスカノロマン
 
オススメは、注目馬Aのベストウォーリアです。ベストウォーリアは、なんだか厨二病みたいなお名前な上に3ヶ月の休養明けという点が買いにくいところですが、名前はさておき、このベストウォーリアさんは、休養明けが良い競馬をする傾向にあるようです。昨年の秋も3ヶ月の休養明けに南部杯(Jpn1)で1着、昨年のフェブラリーステークスも3ヶ月間が空いていながらも3着、そして2014年の南部杯も3ヶ月休養明けで1着と、このベストウォーリアは3ヶ月明けが良い競馬をしてくれている実績があります。というわけで、勝ち負けとまでは行かないかもしれませんが、2〜3着争いには顔を出してくれると思います。
 また、ホワイトフーガも人気になっていますが、確かにJBCでサンビスタに5馬身差をつけて快勝しましたが、サンビスタがチャンピオンズカップで勝てたから、「あのサンビスタ」となっているわけで、冷静になると、デムーロ騎手の力添えも大きかったようにも思えますので、過度な期待は禁物かも。ということで3着争いくらいを見込んで注目馬Bとしました。
モーニンは、前走の結果とデムーロ騎手、また枠もまずまずということでしょうか、人気となってますが、休養明けからだいぶ経ちましたので、3着争いくらいかと。
 
ちなみに参考までにですが、注目馬にエントリーしきれずに外しましたが、過去10年の傾向だけで見たときには、ロワジャルダンも候補のひとつでした。
 
ではっ!
 

 小倉大賞典の予想はこちら↓

uma.hatenadiary.com

 

©2015 やっぱり馬が好き